外国通貨を確保

紙幣と金貨

海外旅行や出張などに出かける場合、重要なのが現地で使用するお金の用意である。最近では、キャッシュカードで現地のATMでお金の引き出しができたり、クレジットカードでの支払いを行うケースが増えている。特にクレジットカードでは、カードでの支払いができたり、ATMなどでキャッシングできるなど便利なものとなっている。 しかし、これらでは現地でATMを探せない場合や提携していない場合にはお金をおろすことができない。また、クレジットカードが支払いに利用できない場合もある。 そのような場合に有効となるのが、外貨両替である。現在では、国内の銀行や外貨両替所で多くの国の通貨を取り扱うようになってきており、利便性が高くなってきている。

海外にでる場合、多少の現金の保持は重要になる。急な支払いやカードが利用できない場合には、現地通貨が重要になる。このような外貨両替は、いくつかの場所で行うことができる。 まずは、銀行である。特に都市銀行では外貨両替に対応していることが通常で、銀行の窓口や専用の外貨両替機械で両替する事ができる。 また、外貨両替所もある。外貨両替所は、ターミナル駅や空港などに設置されているケースが通常である。特に空港では、国内の空港はもちろんののこと、現地の空港にも設置されている場合が多いため、現地に到着してから両替することもできる。 その他、金券ショップなどで外貨両替を取り扱っているケースや、現地のホテルのフロントなどでも両替できるケースもある。